ヒポクラテスの誓い The Hippocratic Oath  中山七里

a0248700_8303971.jpg


中山七里、、、? 僕の中ではあまり聞きなれる作家だが、題名のヒポクラテスに惹かれゲットしてしまった。
この手の医学小説が好きですよね~~~と時々言われるが、仕事が好きなわけではないが、しかし、なぜか手に取ってしまう癖がある。
結局好きなのだろうか? しかし、医学小説はなぜか読んでいてスラスラ読めてしまうのが不思議である。

本書は法医学のミステリー小説に分類されるらしい。

僕的にはミステリー小説はあまり読まないので、これがミステリーと言われると少々違うのではと違和感を思えるが、医学の裏事情が書かれている感じである。

内容は埼玉県浦和医大・法医学教室に試用期間として入局した研修医の栂野真琴。彼女を出迎えたのは偏屈者で有名は法医学教室の権威、そして教授の光崎次郎だった。光崎教授は死体大好きの外国人准教授・キャシー先生とタグを組んで法医学教室も守っていた。

江市や事故死など、一見、事件性のない遺体を強引に解剖する光崎『既往症のある遺体が出たら教えろ』と実は担当刑事に指示していたとその指示の真実が暴かれていく医学会ミステリー!

ここまでが裏表紙の紹介文。やっぱりミステリーだったのか~~~と読み終わっても納得行かない読書が一人増えました(爆)


既往症のある患者とは研修医栂野真琴が所属していた内科研修の親分・津久場教授の元で治療された患者たちの既往症の事を意味する。

なぜか、多種に渡る感染症ではまた多種に渡る抗生物質が使用される。
本書ではある種の抗生物質を点滴静注する際、点滴内に含まれるカルシウムと反応を起こし体内で石灰化を起こし血栓を形成してしまうと言う現実では考えられないような副作用をある抗生物質を使用したが為に不審な死を疑った事から法医学と内科学の論争が始まる。
血管内石灰化&血栓が直接の死因であったはずなのにそれが大学関係者の中で隠蔽操作が行われている様で、最後は犯人を捜しあてる。

内容はこんな感じで 僕的は読んでいると快適で心地がいい時が流れました。

ちなみにヒポクラテスの誓いとは
『養生治療を施すあなたにとっては、能力と判断の及ぶ限り、患者の利益になることを考え、危害を加えたり不正を行う目的で治療することはいたしません。またどの家に入っていくにせよ、全ては患者の利益になることを考えどんな意図的不正も害悪も加えません。そしてその誓いを守り続ける限り、私くは人生と医術を与えることが出来ますが、万が一この誓いを破る時はその反対の運命を被ることになるでしょう』

a0248700_984527.jpg


たしかに、、、初心忘れるべからず である。

BS-TBSでドラマ化されてらしい。

好きな作家が一人増えた様で嬉しい。

中山七里 実はいろいろなプロフェッショナルなお仕事を小説の話としている作家らしい。
少し読み漁るかなぁ~~~

80点! 合格で~~~す。
by cho34 | 2016-07-17 09:05 |


バイクと子供と読書と共に歩むブログ


by ジョージあき坊

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31